日本語の新しい言葉【新語】

日本語の新しい言葉【新語】

この記事では日本語の中で新しい言葉として使われている言葉(新語)を紹介します。日本語を学びたいと思っている方や日本の文化に興味を持っている方のお役に立てれば幸いです。なお、この記事で取り上げる新語はある程度の期間にわたって使われた実績があり、かつすぐには使われなくなることはないであろう言葉を選んでいます。

なお、日本語のスラング(slangs)については以下の記事を参照ください。

https://ja.aspectjapan.net/japanese-slangs/

Black-kigyo (ブラック企業, ぶらっくきぎょう)

Black-kigyo (ブラック企業, ぶらっくきぎょう)

ブラック企業とは悪い企業のことです。悪いといっても、取引先など会社の外の立場からみて悪質な企業のことではありません。ブラック企業とは従業員に無給のサービス残業を強制したり、従業員に休憩をとらせず働かせるなどの法律違反をしていたり、あるいは従業員が仕事でミスをした場合に怒声を浴びせたり、暴力をふるったりする上司が社内で幅を利かせていたり、要するにその会社の従業員にとって労働環境が劣悪になっている企業のことをさします。

ブラック企業と同じ意味を持つ表現は私企業にかかわらず幅広い組織に対して使われることもあります。例として公務員、NPOなどに対しては「ブラック職場」と表現されることもあります。特定の産業全体がブラックで劣悪な労働環境であるという場合は「ブラック業界」「ブラック産業」と呼ばれることもあります。

ブラック企業と呼ばれる条件にはほかにもさまざまなものがあります。例えば従業員が休日に社長の自宅を掃除することが慣習化されていたり、あるいは社員旅行への参加が半強制的であり参加しないと即場でいじめを受ける原因となる企業などです。

読者の中には、次のような疑問を持つ方もおられるかもしれません。

「こんなことは馬鹿げている。なぜ日本人はそんなひどい会社で働き続けるんだ?ひどい会社ならさっさと辞めて別の会社に勤めればいいだけだ。もし私の国ならそんな会社で誰も働かないだろうからブラック企業なんてすぐに倒産してしまうだろう」

その通りです。しかし日本ではそれほど簡単な話ではないのです。

ほかの多くの国とは異なり、勤める会社を変えることは日本社会では基本的にネガティブ(negative)な出来事・記録として認識される傾向にあります。もしあなたが勤める会社を変えてから3年以内にまた会社を変えようとして次の会社の採用面接を受けたとすると、その会社はあなたのことを忍耐に欠ける人ではないかと判断する可能性が高いのです。これは言うまでもなくあなたを採用するかどうかを判断するうえで大きな悪材料になってしまいます。

もしあなたが「いえ、どうか説明させてください。いま勤めている会社はとんでもないブラック企業なんです」と説明したとしても、状況をより悪くするだけになる可能性が高い。日本の文化では前に勤めていた会社のことを悪く言うことは、たとえそれが事実であっても、その人自身が不誠実であると判断されてしまう可能性が高いのです。そういう人は辞めた後でまたうちの会社の悪口を言うに違いない、というわけです。

さらに、ブラック企業には部下を威圧したり、暴力をほのめかしたりして心理的に萎縮させることを得意とする中間管理職がいることがよくあります。彼らや彼女らはそうした才能を経営者から見込まれて雇われています。

「お前は無能だ!役立たずだ!使えないやつだ!」といった罵詈雑言を日常的に浴びせられると、労働者は自分が本当に無能であると思い込んでしまうのです。自分のような無能な人間が働けるのはこの会社だけだと完全に思い込んでしまい、ブラック企業を辞めることができなくなってしまうのです。

以上のような背景から、日本ではブラック企業が生き残る環境が整ってしまっているのです。

参考までに、一般的に以下のような業種ではブラック企業が多いといわれています。

  • 外食産業 (得に大手の外食チェーン)
  • システム開発業界 (SIerと称されるシステムインテグレーター)
  • 教師 (小学校から高等学校まで)
  • 人材派遣会社

Daizyobudesu (大丈夫です, だいじょうぶです)

Daijobudesu (大丈夫です, だいじょうぶです)

「大丈夫です」は厳密にはスラングではなく、すでにあった言葉が近年になって別の使われ方をするようになった例の一つです。ですので、日本人の中でもこの言葉の使い方については賛否両論あり、特に一定以上の年齢の人たちの中にはこの使い方は不適切だと考えている人もいます。

もともとは「大丈夫です」とは「私は元気です(平気です)」といった意味であり、以下のように使われてきました。

A「きみ顔色が悪いよ。今日はもう仕事をやめて家に帰ったら?」
B「大丈夫です」

しかし近年では「大丈夫です」は他人からの申し出をやんわりと断る際の言葉として使われるようになりました。これは英語でいう「ノーサンキュー(no thank you)」とほぼおなじ使い方です。「私は十分に満足しているのであなたが勧めているものは必要ありません」という意図を含んでいます。

A「今ならわずか500円で14ものサービスを受けられます。加入されますか?」
B「大丈夫です」

相手の申し出や勧誘に対して「いりません」「結構です」という明確な断りの意思表示ではなく、「大丈夫です」と返すこの使い方は非常に日本人的であるといえます。

Tadashi-ikemen-ni-kagiru (ただしイケメンに限る, ただしいけめんにかぎる)

Tadashi-ikemen-ni-kagiru (ただしイケメンに限る, ただしいけめんにかぎる)

「イケメン」は「均整のとれた顔立ちのハンサムな男性」という意味です。これは、日本人女性に恋愛相手の理想像を尋ねたとき、「優しい人」「真面目な人」「仕事を頑張っている人」と答える人が多いが、実はこれらの理想像には暗黙の前提として「ただしイケメンに限る」がおかれていることが多い、という事実を皮肉って使われています。そのため、この表現は、日本人男性が自分の状況を少し悲観的に、自嘲気味に表現するときによく使われる傾向があります。

他の国の文化と同様に日本文化にも、恋愛相手の外見にこだわるのではなく、人間性を重視すべきだという理想論があります。しかし現実には、外見は恋愛相手を選ぶ上で非常に重要な要素であることは言うまでもありません。

日本には、西暦1000年頃に女流作家の清少納言が編纂した「枕草子」に、次のような記述があります。

仏教説話の講師は美男であればあるほどよい。その人の顔を見て聞けば聞くほど、その説教の良さがわかる。もし講師の顔が醜ければ、私は目をそらし、聞いたことを忘れてしまうし、罪を犯してしまうかもしれないとさえ思ってしまう。

枕草子 – 三巻本第三十段

読者の中には「まじめに勉強しろ」と彼女を諭したくなる人もいるかもしれません。しかし、千年前の女性たちも現代と同じように、男性の美醜について噂話を楽しんでいたのであろうことはとても興味深いことです。

Yabai (ヤバい, やばい)

Yabai (ヤバい, やばい)

「やばい」「ヤバい」という言葉は、主に危機的な状況や危険な人・物、かっこ悪いという意味で使われていましたが、現在の日本では「かっこいい」などポジティブ(positive)な意味でも使われています。

「やばい 」の 「やば 」は、古代の日本語で牢屋を意味する言葉だと言われています。

この言葉はスラングというにはより普遍的で、ほとんどのオンライン国語辞典に掲載されています。「やばい」の本来のネガティブ(negative)な用法としては、以下のような例があります。

「今月はお金を無駄遣いしすぎてしまったから、家賃の支払いがヤバい」

「彼は武装強盗と警官殺しの罪で15年、刑務所にいた。その彼が釈放された。彼は本当にヤバいよ」

「彼の服装はヤバすぎる。どうみても10年は遅れてるよ」

ポジティブな「やばい」の使い方

上記のネガティブな意味に加えて、2010年代くらいから「ヤバい」という言葉は「かっこいい」「すごい」という意味でも使われるようになりました。そのため、ある年代以上の日本人は、「やばい」という言葉のネガティブな使い方しか知らないというジェネレーションギャップを生んでいます。以下は、「ヤバい」の新しいポジティブな用法の例です。高齢の日本人には通じない可能性が高い。

「彼の歌手としての才能は本当にヤバいから、私はすぐにファンになってしまった」

「彼女ヤバいよ、もう3日も家に帰らずに仕事を続けているんだ。一体あのエネルギーはどこから湧いてくるんだろう?」

「彼女の髪は本当にキレイでヤバくてうらやましい!」

Zikobukken (事故物件, じこぶっけん)

Zikobukken (事故物件, じこぶっけん)

「事故物件」という言葉は、過去に人が死んだことがある不動産物件に対して使われます。この言葉は不動産業界では昔から使われていましたが、インターネットの普及により一般の人にも広く知られるようになりました。「大島てる」というWEBサイトは日本国内のみならず海外の事故物件の情報も掲載しており高い知名度を誇っています。

なぜ「事故物件」という言葉が必要かというと、日本の不動産取引のガイドライン(a guideline)では、その不動産物件で人が亡くなったという事実は、不動産の購入希望者や賃貸希望者に説明すべき「心理的瑕疵」であると規定されているからです。「瑕疵(かし)」とは欠陥のことで、物理的瑕疵と言えば例として雨漏り、排水管の詰まり、耐震性の不足などがあります。

つまり日本では過去に人が亡くなったという事実は人の心に影響をおよぼし、本来あるべき住み心地に影響を与えると考えられており、そしてその欠陥を「心理的瑕疵」と呼んでいる、ということです。実際に、裁判所が自殺や殺人事件がおきた事実を心理的瑕疵だと認めた判例は多く存在します。

日本人の宗教観や死生観では、すべての人が死んだ後に神のもとに行くとは考えられていません。自殺や他殺など、受け入れがたいかたちで死を迎えた人の魂は、死んだ場所にずっととどまって苦しみ続け、時には生きている人に害を及ぼすという概念を持っている人が多いのです。

この考え方の強さは人によって異なりますが、基本的な考え方としては、ほぼすべての日本人に共有されているといっても過言ではありません。だから、その不動産物件で人が死んだという事実は、不動産物件の「心理的瑕疵」とみなされるのです。

You can also subscribe on SNS.