ルーター2台でIPv4とIPv6を共存させる – PPPoEとDS-Lite【楽天ひかり】

IPv4とIPv6を共存させる - PPPoEとDS-Lite【楽天ひかり】 インターネット

私のインターネット環境は、ここ1年とちょっと楽天ひかりのDS-Lite接続を使用したIPv6環境です。速度や安定性に特に不満はないのですが、NASの購入をきっかけに外部からも自宅のNASが利用できたら便利だなあ、と考えるようになりました。

しかし、この記事に興味を持たれた方であればご存知かもしれませんが、DS-Liteではポートの開放ができませんので、外部からアクセスすることができません。

そこで調べたところ、このような場合はルーターを2台導入して、IPv4接続とIPv6接続を共存させる方法が一般的のようで、実際に運用されている情報も豊富なことがわかりました。

今回の記事は、IPv4とIPv6を共存させることにトライした記録になります。

楽天ひかりでIPv4&IPv6共存は可能?

結論から書きますが、2021年11月6日時点では可能でした。しかし一応、楽天のサポートページにはDS-Lite接続時はPPPoE接続はできない、と記載があるので、今後もずっと使えるかどうかは定かではないことは念頭に置いておく必要があるかと思います。

実際の試行錯誤

ネットワーク図

まずは、最終目標となるネットワーク図です。スイッチングハブと2台目のルーターは新たに購入することになりました。さらにLANケーブルもこの機会にCAT 6Aで統一することにしました。

余談ですが、上の図でスマホをIPv4ルーターに接続させている理由は、私のスマホは楽天UnlimitのSIMを挿して使っているのですが、IPv6のWifiに接続した状態だと「Rakuten Link」による電話の発信も着信もできなくなってしまうためです。なおうちの環境ではIPv4であればWifi接続した状態でもRakuten Linkでの電話の受発信はできていますが、楽天モバイルはWifi接続での動作保証をしていません(楽天サポートに確認済)のであくまで自己責任でのWifi運用です。

スイッチングハブについては特にこだわりもないため、どこのメーカーの製品でもよかったのですが、このところ気に入って使っているTp-Linkのものにしました。格安です。

[itemlink post_id=”3860″]

もう一台のルーター選び

追加で購入するルーターを何にするかは迷いました。定評のあるNECのAtermも検討しましたが、できるだけ安く済ませたいし、他社ルーターの設定を覚えるのも面倒だし…ということで、これまで使用してきたTP-LinkのArcher C80をもう一台、買い足すことに決めました。同型のルーター2台体制ということになります。

[itemlink post_id=”3862″]

数珠つなぎ?それとも並列?

ネット上の情報には、スイッチングハブを使わずルーターのWANポートとLANポートをLANケーブルで接続していわゆる「数珠つなぎ」にすることでIPv4とIPv6を共存させる方法もありました。ですがTP-LinkのC80でそれが実現できるかどうか確証が持てなかったため、結局、スイッチングハブを使っての無難な構成の並列接続としました。

クライアントPCの設定

将来的にどうするかはまだわかりませんが、とりあえず作業のためにWindows PCは固定IPを割り当ててから作業をはじめました。ルーターはDHCPサーバーも兼ねているからです。

PPPoEルーターの設定

PPPoEルーターはもちろん、PPPoE設定で接続するようにしておきます。

PPPoEルーターのインターネット接続設定

PPPoEルーターのDHCPサーバー機能は無効にします。

PPPoEルーターのDHCPサーバーを無効にする

PPPoEルーターの「詳細設定」の「IPv6」にある「モード」を「無効」にします。

PPPoEルーターのIPv6設定

当初、「モード」を「パススルー(ブリッジ)」にしたのですが、通信自体はできるものの、15分くらいでだんだん通信が不安定になりはじめ、じわじわと外部サイトの表示がもっさりし始め、だんだん見られないサイトが増えていき、最後には無線まで切断されてしまうという現象に悩まされました。

「今日はもう疲れたから続きは今度にしようかなあ…」と諦めかけていたところ、有馬総一郎のブログ様の記事を発見し、正解が「無効」であることがわかった次第です。感謝です!

DS-Liteルーターの設定

次にDS-Liteルーターの設定をしていきます。まずはDS-Liteで接続を確立させます。

DS-LiteルーターでDHCPサーバーを有効にします。

デフォルトゲートウェイを指定してPPPoEとDS-Liteを使い分けられる

今回の記事で紹介した構成では、クライアントPC側で、PPPoEルーターとDS-LiteルーターのどちらのIPアドレスをデフォルトゲートウェイに指定するかによって、インターネットにPPPoEで接続するか、またはDS-Liteによって接続するのかを切り替えることも可能です。
(ただ、あまり切り替える場面はないような気もしますが…ちなみにうちの環境だと、どちらに接続した場合もスピードテストの結果はさほど変わりませんでした)

PPPoEとDS-Liteでそれぞれ接続してみる

私はIPv6接続確認には「http://check.xpass.jp/」を利用しています。クライアントPCのIPアドレス設定にて、PPPoEルーターをデフォルトゲートウェイに設定してから同サイトの「確認」を実行すると以下のように「クロスパス可変サービス以外を利用中」となります。もちろんIPv4接続ですので従来通りの方法でポート開放が可能です。

xpass確認サイト

次に、クライアントPCのIPアドレス設定でDS-Liteルーターをデフォルトゲートウェイに設定して、同サイトの「確認」を実行すると以下のように「クロスパス可変サービス利用中」となり、DS-Liteで接続されていることがわかります。

xpass確認サイト

おわりに

今回の記事では、楽天ひかりの環境でIPv4とIPv6を共存させるための環境についてまとめました。お読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました