ハードディスク(HDD)とは?【パソコン初心者向け講座】

ハードディスクとは パソコン初心者向け講座

ハードディスクドライブ(HDD)は、パソコンのデータを保存するための装置です。この記事では、別の記事で説明したメモリーとの違いも含めてハードディスクについて解説していきます。

メモリーについては以下の記事を参照してください。

ハードディスクは「倉庫・書棚」のようなもの

メモリーについての解説では、パソコンにおけるメモリーとは「作業机」のようなものだと説明しました。机の上に作業するための道具などをすべて並べておけば、速やかに作業できますよね。

メモリーが実際に作業をするための作業机だとすると、いっぽうハードディスクは、作業に必要な道具や材料、資料などを保存しておくための「倉庫・書棚」に例えるとわかりやすいです。倉庫や書棚は机の上よりも多くのモノを収納できますが、それらからモノを取り出すには、いったん作業を中断して机を離れてから歩いて倉庫に向かって、モノを取り出してからまた机に戻る必要があります。

机
本棚

机と倉庫・書棚の関係をパソコンに戻って説明します。メモリーの読み書き速度はハードディスクの読み書き速度よりも圧倒的に早いです。そのため、メモリーに保存されているデータはパソコン上ですぐに使うことができます。

また、価格の面でいうとメモリーの容量あたりの値段はハードディスクよりもずっと高価です。そのためハードディスク並みの大容量のメモリーをパソコンに搭載することは現実的ではありません。

つまり、読み書き速度が速いけど容量が少なく、値段も高いメモリーには、すぐに使いたいデータだけを入れておき、すぐに使わないデータは読み書き速度が遅いけど値段の安いハードディスクに入れておき、必要なときだけ取り出して使う、ということです。こうした処理はパソコンが半ば自動的に行なっています。

ハードディスクのサイズと規格

現在流通しているハードディスクのサイズは、3.5インチ1と2.5インチです。そのうち3.5インチのハードディスクは主にデスクトップパソコンに、小さい方の2.5インチのハードディスクは主にノートパソコンに使用されています。

ハードディスクの寿命

HDD

ハードディスクは磁気を塗布した円盤(プラッタ)をレコードのように回転させて読み取る構造をしているため、高いところから落とすなどの衝撃に弱いです。また可動部品が多いため長期間使用した場合の耐久性にも問題があると言われています。パソコンの使用頻度にもよりますが、毎日使用するパソコンであればハードディスクの寿命は3年程度と考えておけばいいでしょう。

パソコンに搭載される記憶装置の主流はハードディスクからSSDに

SSD
SSD (ソリッド・ステート・ドライブ)

現在では、大容量の記憶装置が必要なパソコンを除いて、メーカー製のパソコンの多くにはハードディスクに代わってSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)が搭載されるようになっています。SSDは読み書きの速度で圧倒的にハードディスクよりも優れており、さらに可動部品もないため耐衝撃性や耐久性にも優れているからです。

では、大容量の記憶装置が必要なパソコンとはどのような用途に使われるパソコンなのかというと、動画編集やゲームに使用されるパソコンなどをあげることができます。ですがこのような場合も、OSを早く快適に動作させることを目的として、OSを格納するストレージにはSSDを使い、動画などの大容量のデータを格納するのには別途ハードディスクを搭載するという形式もとられています。

ハードディスクが故障したら

前述の通り、ハードディスクは耐久性に難があり、落下などの衝撃にも弱いため、ある日突然に故障してしまうということが起こりえます。何らかの予兆、たとえばOSの動作が不安定になるとかといったことがあればまだいいのですが、前の日まで元気に動いていたパソコンがいきなり起動しなくなるという事態も起こりうるのです。

日頃のバックアップが重要

ハードディスクが物理的に壊れてしまったら、パソコンの利用者としてできることはあまり多くありません。ハードディスクを取り出して別のパソコンに接続し、データ救出ソフトを使うなどして、せめてデータだけでも抽出したいところですが、必ず成功するとは限りません。

その際には、BIOSの段階でハードディスクが認識されているのかどうかを確かめることも大事です。BIOSの段階でハードディスクが認識されていなければ、ハードウェアのレベルですでに認識されていないということですので、ハードディスクに物理的な故障が起きてしまっている可能性が高いと言えます。BIOSについては以下の記事を参照してください。

BIOSとUEFI【パソコン初心者向け講座】
BIOSは「Basic Input Output System(ベーシック・インプット・アウトプット・システム)」の略です。日本語で表すと「基本入出力システム」となりますが、これは覚えなくてもいいでしょう。この記事では、BIOSについて解説

これまでに述べたようなハードディスクのこのような特性を理解して、日頃からデータをバックアップしておくことが、基本的かつ最適なハードディスクの故障対策です。

  1. 1インチは2.54センチメートル
タイトルとURLをコピーしました