トレーニングベルトって必要?【筋トレ】【革ベルトの魅力】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレーニングベルトって必要?【筋トレ】【革ベルトの魅力】

「ジムにいるマッチョな人たちはなんでベルトを巻いてるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?今回の記事では主に筋トレ(ウェイトトレーニング)の初心者の方向けにトレーニングベルトの説明をしたいと思います。

なんでジムにいるマッチョたちはトレーニングベルトを使っているの?

主に腰を守るためです

ウェイトトレーニングにおいてトレーニングベルトが使われている理由の多くは、腰を守るためです。もう少し詳しく説明すると、間違ったフォームで行うことで腰を痛めてしまうような、ある意味難度の高い種目を行う際に、腰を痛めないためにベルトをがっちりとお腹に巻いて種目に望むのです。

この記事を見ておられる方の中には、腰痛持ちの方もおられるかもしれません。私もそうです。特にトレーニング初心者の方にとっては、以下のようなエクササイズの画像を見ただけでなんだか腰のあたりがムズムズして、喉の奥から酸っぱい感じのいやーな空気がこみ上げてきませんか?

広背筋、脊柱起立筋、上腕二頭筋の非常に効果的なエクササイズである「ベントオーバー・ローイング」
広背筋、脊柱起立筋、上腕二頭筋の非常に効果的なエクササイズである「ベントオーバー・ローイング」
「トレーニングの王様」と呼ばれ、下半身はもちろん体幹の強化にも欠かせないエクササイズである「バーベル・スクワット」
「トレーニングの王様」と呼ばれ、下半身はもちろん体幹の強化にも欠かせないエクササイズである「バーベル・スクワット」

このようなエクササイズは効果の高さから人気が高く、多くのトレーニーに選ばれています。しかし筋トレに詳しくない人から見ると、見るからに腰を痛めてしまいそうな、怖い種目に見えてしまうのではないでしょうか。

正しいフォームで行えば怖がる必要はない

しかしこうした種目も正しいフォームで行えば腰を痛めてしまうことを防ぐことができます。トレーニングベルトはその正しいフォームを維持してエクササイズを行うための補助用具だと考えれば間違いないと思います。

ベルトをがちがちに巻くことで腹圧を高め体幹を固める

腹圧とは腹腔内圧の略で、お腹周りの様々な筋肉を収縮させて固めることで高めることができます。お腹にトレーニングベルトを巻いて固定し、さらにお腹に力を入れれば準備完了です。この状態であれば上述したような「腰にヤバそう」な種目であっても腰回りがガッチリと固められていますので、エクササイズの動作中も変な方向に腰回りが動いてしまってケガをしてしまうことを防げるのです。

余談ですが荷揚げなどの重作業を行う人向けの腰ベルトが作業用品店などで売られていますが、基本的にはトレーニングベルトもあれと同じ考え方です。

ただ腰に巻いているだけの場合もある

ジム内で常にトレーニングベルトを腰に巻いている人を見たことがあるかもしれませんが、これは単に手に持って運ぶのが億劫だったりなどの理由からベルトをガチガチに締めずゆとりを持たせて腰に巻いているだけであって、エクササイズを行うときのようにしっかりと締めているわけではありません。

というのも、トレーニングベルトをガッチリと締めて腹圧を高めた状態というのはなかなかに苦しいもので、リラックスして歩いたり雑談したりできるような状態ではないからです。トレーニングベルトを本気締めするのはあくまでもエクササイズを行う直前であり、そしてエクササイズを終えたときには緩めるのが普通です。

ベルトを巻いて腹圧を高めることで使用重量アップを狙う場合も

Power Lifting

腹圧を高めることでより力が出せ、ベルトをしていないときよりも重い重量を扱えるという考え方もあります。主に記録を狙うパワーリフティング系で語られることで、ボディビルやフィジークなどのボディメイク系ではあまりこうしたベルトの使われ方はされていないようです。

ただもちろん例外もあり、私は以前、ある著名なボディビルダーの方がDVDの中で「ショルダープレスの際にベルトを巻くと挙上重量が上がるからそうしている」と語っているのを見たことがあります。

初心者にもトレーニングベルトは必要?

初心者にもトレーニングベルトが必要かどうか?つまりあなたが初心者で、初めてジムに行く初日にベルトを買って持って行った方がいいのか?ということですが。これには昔から賛否両論あり、明確な答えはないように私は思います。

よく見られる主張としては「ケガをしてしまってトレーニングをやめてしまうようではもったいない。最初からベルトをすべきだ」というものがあり、いっぽう「初心者のうちからベルトを使っていては体幹が鍛えられないからダメだ」という主張もあります。

ジムには貸し出し用のトレーニングベルトが備えられていることもある

ゴールドジムのような本格的なトレーニングジムはもちろん、少しライト層向けのジムであっても貸し出し用のベルトが壁などに備え付けてあり、誰でも使えるようになっていることも少なくありません。いきなりトレーニングベルトを買うことに躊躇してしまうようならまずはこうした貸し出し品でトレーニングベルトはどんなものかを体験してみるといいと思います。

なお、その際できれば上述した腹圧の高め方やベルトの正しい巻き方などについて正しい知識を持ったインストラクターから教わることをおすすめします。

トレーニングベルトが必要ない種目も多い

もしあなたが、脚も背中も鍛えるつもりはないし、上述したような「なんか大変そうなエクササイズ」には興味がないし、肩幅を広くして二の腕だけ太くしたい、というなら、ひとまずトレーニングベルトは必要ない可能性も高いです。

トレーニングベルトとは腹圧サポートを高める必要のある種目においてここぞというときに使うべきものであり、すべてのエクササイズで使うことでメリットが得られるようなものではありません。

大胸筋(胸の筋肉)を鍛えるためのチェストフライマシン
大胸筋(胸の筋肉)を鍛えるためのチェストフライマシン

また、フリーウェイトではなく上図のようなマシンの場合はベルトの金具がマシンのシートなどを傷つけてしまう可能性もあるため、ジムによっては明確に「ベルトは使用しないでください」と定めている場合もありますので注意が必要です。わからなければスタッフに確認しましょう。ただ個人的にはチェストフライマシンでトレーニングベルトを使用するメリットはないと思いますし、やっている人をこれまで見たこともありません。

トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトは大きく革製のものとナイロン製のものがあります。

革製のトレーニングベルト
革製のトレーニングベルト

トレーニングベルトの材質は革かナイロンか?

個人的には革性をおススメします。革製は経年変化も楽しめますし長く使えて愛着もわきますよ。ただ、どうしてもコンパクトなバッグで持ち運ばなければいけないとか、人それぞれ必要な条件はことなるかと思いますので、以下の比較が参考になれば幸いです。

ナイロン製トレーニングベルトのメリット

  • 比較的価格が安い
  • 重量が軽い
  • かさばらないので持ち運びに苦労しない

ナイロン製トレーニングベルトのデメリット

  • 革製に比べるとホールド力が弱い
  • 使われている素材の数が多いため破損しやすく長く使えない

革製トレーニングベルトのメリット

  • 製品にもよるが十分なホールド力がある
  • 革と金属と縫い糸程度の少数の材質で作られているため頑丈で耐久性が高い(長く使える)
  • 本革の製品は長年使うことでエイジング(経年変化)が楽しめ愛着が持てる

革製トレーニングベルトのデメリット

  • 比較的価格が高い
  • 重量が重くかさばる傾向にあり持ち運びに苦労する

革製トレーニングギアの魅力

革製トレーニングギアの魅力

この記事で紹介したベルトは私が実際に使っているもので、たしか4~5年ほど前に買ったものですが、もうどこで買ったものか忘れてしまいました。価格は3千円しないくらいでブランドロゴは入っていないのでノーブランドものですが、本革製で縫製も非常に丁寧に作られている素晴らしい商品です。

革製トレーニングギアの魅力

こちらは10年以上にわたって愛用しているSchiek製の革のリストストラップです。裏面の裂けてしまった個所に自分で合いそうな色合いの革の端切れを探してきて革用接着剤でパッチしています。こういう補修作業の繰り返しでギアに対する愛着も湧きます。これも革製品の魅力の一つです。

革製品のケア用品

革製品の手入れに使う用品。※ミンクオイルは革が柔らかくなりすぎる場合もあるので革の種類を見極めたうえで使う必要があります。基本的にトレーニングベルトには使わないほうがいいかもしれません。

伝説のトレーニングベルト

かつて東京お茶の水に存在した「ニコライ堂靴店」で作られていた手縫いの革製トレーニングベルト。私はついに手にすることはありませんでしたが、ボディビル雑誌などで目にした「ニコライ堂のベルトは一生もの」という強烈なイメージは今でも私の中に強く焼き付いています。

なお現在も復刻版として販売は続けられていますので購入は可能なようです。

おわりに

今回の記事では、私が15歳のころから続けているウェイトトレーニング関連である、トレーニングベルトについて意見を述べました。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You can also subscribe on SNS.